身長を伸ばすアルギニンについて知ろう!

アルギニンを知るには、まずタンパク質から

人間の身体の筋肉や臓器、また皮膚や毛髪などの約2割は、たんぱく質で作られています。たんぱく質は身体の構成成分であるだけでなく、酵素やホルモン、神経伝達物質などにも作用しており健康維持には欠かせない成分です。

たんぱく質は、分解と合成の新陳代謝を身体内で繰り返している栄養素になります。たんぱく質の最小単位がアミノ酸になり、身体のさまざまな細胞を作る働きをしています。その為、人間が生きていく為にも大変に重要な成分です。

アミノ酸の作用にはどんなものがあるの

アミノ酸は500種類以上も存在しており、その中でも人体を構成するアミノ酸は20種類になります。20種類の内の9種類は体内で作る事ができないので、食物などから摂る必要があります。

それが、必須アミノ酸と呼ばれる理由です。他の11種類のアミノ酸は、体内で作る事ができ非必須アミノ酸と言われています。

さまざまなアミノ酸が集まり、たんぱく質となっています。赤ちゃんや子供は、体内で十分に作りだせないアミノ酸が10種類あります。その1種類増加するアミノ酸は、アルギニンになります。

アルギニンの特徴

アルギニンは、天然成分のアミノ酸の一種です。

たんぱく質を作るアミノ酸の中でもアルギニンは、塩基性が高い成分となります。また、アルギナーゼによってオルニチンと尿素に分解されます。アルギニンは、体内でクエン酸回路のケトグルタル酸の合成により生成が開始されます。

まずケトグルタル酸がグルタミン酸と合成され、さまざまな物質を経てアルギニンへと変換されていきます。しかし、赤ちゃんや子供は十分にアルギニンを生成できないので必須アミノ酸となります。

アルギニンが欠乏すると、病気に対する抵抗力が弱まり、アンモニアの解毒が不十分になり、傷の治りが遅くなります。また、男性の場合は不妊効果が高まるとされています。

さらに、筋肉が弱くなる作用もあります。健康食品などでアルギニンを摂り入れる際は、摂り入れる量に気をつけましょう。

アルギニンは幼初期必須アミノ酸

幼初期のアルギニンは、身体内で作られる量が不十分な為食物などから摂る必要がある必須アミノ酸になります。しかし、大人になると身体内でグルタミン酸から生成されるので、非必須アミノ酸と変化していきます。

大人になると身体内で生成されるアルギニンですが、それだけでは不足しがちと言われています。その為、健康維持の為には毎日しっかりと健康食品や食事で補う必要があります。

アルギニンは肥満や生活習慣病の予防に

アルギニンは、肥満の改善や生活習慣病の予防にも効果が期待できると言われています。また、生活習慣病が引き起こす大きな病気である糖尿病や動脈硬化、脳梗塞、高血圧、心臓病の改善にも効果があるといいます。アルギニンが血管の老化を抑制する働きをしているためです。

また、アルギニンは血管で一酸化窒素が作られる事を活性化させる作用もあります。その働きにより、一酸化窒素が血管や動脈を拡げ、血流量を増加させる作用が期待できます。

また、一酸化窒素は血管内を掃除する役割もはたしています。血管の老化防止に欠かせない栄養素がアルギニンです。その他にも、アルギニンには成長ホルモンの分泌を活性化させ疲労の回復が期待できるとされています。

アルギニンには美容効果もある

アルギニンは成長ホルモンの分泌を活発にさせ、血管を健康にする効果も期待できます。また、アルギニンが成長ホルモンの分泌を活発にすると、コラーゲン生成にも有効に作用します。

すると、身体内でコラーゲンの量が保持され、シワやたるみを防ぐ効果が期待できます。コラーゲンの量が保持されていると、肌に弾力を与え、はりのある肌を保つ事にもつながります。

またアルギニンの血管老化防止効果は、血管の健康を保持しています。その効果のおかげで、肌への血流量が増加し血色が良くなり、くすみを改善する効果も期待できます。このような美肌効果期待できるのは、アミノ酸の中でもアルギニンだけです。

成長ホルモンはさまざまな身体への影響がある

成長ホルモンは、成長する為にだけ大切な要素と考えられがちです。しかし、成長ホルモンは年齢に関係なく人間のとっていつでも大切なホルモンの1種になります。

脳下垂体からでている成長ホルモンには、身体を活性化させ免疫力を高める作用があります。もちろん、成長期には盛んに分泌され背を伸ばす事やさまざまな身体の成長に関与しています。

成長期に成長ホルモンの欠乏がおこると、成長が阻害されて低身長になります。また、成人してからは肌の健康を保ったり、筋肉維持を促進したり、生殖機能を高めたりする効果もあります。

成人してから成長ホルモンが欠乏すると、体脂肪が増加したり、筋力が低下したり、免疫力が低下したりするとされています。成長ホルモン分泌は10代がピークとなり、その後は減少し続けます。

40代では成長ホルモンの分泌がピーク時の約5割にも減り、80代では20分の1にまで減ってしまいます。アルギニンは、成長ホルモンの生成を促す効果が期待できます。また、精神や肉体の両方を鍛える効果があるとされています。

成長ホルモンとアルギニンの働き

成長ホルモンの働きは、身体の脂肪の代謝を促し、筋肉を強化します。その為、ボディービルをされる方にとっても、成長ホルモン生成を促すアルギニンの摂取は重要になると言われています。

20代からは成長ホルモンの分泌が次第に減少し始めるので、体力が落ちる原因にもなります。健康を保持する為には、質の良い睡眠やバランスの取れた食事、運動にアルギニンやビタミン、ミネラルの健康食品をプラスすると効果が高まります。

健康食品を用いる事で、アルギニンを十分に摂取でき精神面にも肉体面にもプラスの効果が生まれます。成長ホルモンは、アルギニンの他にもオルニチンやグリシン、チロシンなどによって生成されます。これらのアミノ酸を共に摂ると、さらに効率の良い成長ホルモンの生成が行われます。

成長ホルモンは身長を伸ばす

身長が伸びる要因には、脳の下垂体という部分で産生されている成長ホルモンの分泌が関係しています。成長ホルモンの働きは、成長を促進し、傷つき壊れた細胞や老化した細胞の修復を促進する作用があります。また、筋力や肌の健康を保持する為にも成長ホルモンは活躍しています。

しかし、成長ホルモンの分泌は10代でピークを迎えます。それ以降は加齢にともない、どんどんと減少していきます。また、閉経を迎えた女性や太っている方は成長ホルモンの分泌が低下すると言われています。

成長期には、しっかりと成長ホルモンを分泌させ身長を伸ばし健やかな身体の成長につなげます。また、子供の成長にはストレスをためない環境づくりが大切だと言われています。

その為、十分な栄養を含む食生活や質の良い睡眠、適度な運動が必要です。ストレスを感じている場合は、子供が好きな方法でストレス発散を適度におこなう事が大事になります。例えば、運動やカラオケ、趣味の時間を増加させるなどです。

身長とアルギニンの関係

アルギニンはアミノ酸の一種で、大人になってからは身体内で作られる非必須アミノ酸となります。しかし、子供の頃にはアルギニンの生成能力が不十分で、食事などから体内に摂り入れなければなりません。

幼少期には、アルギニンは必須アミノ酸になります。また、身長を伸ばす大きな要因には成長ホルモンを十分に分泌させる必要があります。その為には、アルギニンを十分に食事などから体内に摂り入れて成長ホルモンの分泌を促進させる必要があります。

成長ホルモンの分泌が促進されると、全身の代謝が促される事につながり、身長が伸びると言われています。その為、普段の食事でしっかりとアルギニンを摂取する事が一番大切です。しかし、食事だけの摂取で不十分な場合は、健康食品などで摂取すると良いでしょう。

身長を伸ばすサプリメント

身長を伸ばすには、アルギニンだけではなくタンパク質を中心とした栄養バランスが整った食事が大切です。塾や部活などで偏った食生活をしていると身長が伸びなくなることも。そんなときにはサプリメントを活用することも大事です。身長を伸ばすサプリメントは多数出ているので検討してみてください。
http://身長を伸ばすサプリ比較.com

また成長ホルモンは睡眠時に多く分泌されますので、健康食品を摂取するタイミングは就寝前にすると働きが活発化すると言われています。

注意:

アルギニンには、経口摂取では必ずしも成長ホルモンを分泌させるとは限らないようです。日本小児内分泌学会の見解では、サプリメントなどの健康食品に配合されているアルギニンのような「成長ホルモン分泌促進薬」には効果がないとしています。

「身長を伸ばす効果がある」と宣伝されているサプリメント等に関する学会の見解(2013年3月29日公表)

このようにアルギニンで成長ホルモンを分泌することで身長を伸ばすことができるかもしれませんが、現在の研究で最も確実な身長を伸ばす方法は、あくまでも栄養、睡眠、運動を十分に行い、強いストレスをなくすことです。

アルギニンが豊富に存在する食材

アルギニンは、成長や健康に不可欠なアミノ酸の1種です。アルギニンが豊富に含まれる食材は、大豆や肉、魚介などのたんぱく質が豊富に存在する食材になります。

例えば、鶏肉や牛肉、牛乳、海老などに豊富に存在してます。他には、大豆やナッツ類、レーズン、玄米にも豊富にあります。また、ポップコーンやチョコレートにもアルギニンは沢山存在します。アルギニン含有量が特に豊富なのは、大豆食品になります。

大豆食品には、味噌や納豆、高野豆腐などがあります。一般的にたんぱく質を多く含む食品ですので、アルギニンを十分に摂取していると考えられる方が多いです。

しかし実際には、普段の食生活でアルギニンを十分に摂取するのは難しいとされています。毎日の食事で不足するアルギニンは、健康食品やサプリメントなどを利用して摂取しましょう。

アルギニンを効率よく摂取する為の方法

日常の食生活で不足しがちなアルギニンは、効率よく摂取する為に体内での合成を促進する方法があります。身体内での合成を促す為に必要な栄養分は、ビタミンB6があげられます。

ビタミンB6は、皮膚炎を予防する効果やたんぱく質の代謝の成分として作用しています。その為、たんぱく質を摂る量が増えるほど、ビタミンB6が必要となります。

私たちの身体は、たんぱく質によって作られています。食事から体内に摂り入れられるたんぱく質は、最小のアミノ酸まで分解され身体内で必要なたんぱく質に作り変えられます。

この時に必要となるのが、ビタミンB6です。ビタミンB6を豊富に含む食品は、かつおや牛・鶏のレバー、バナナなどです。アルギニン生成を促す為にもビタミンB6を一緒に摂取して、身体の代謝をスムーズに行えるようにしましょう。

最近はアルギニンのみの健康食品も販売されていますので、お子様や運動をされる方は積極的に摂取していきましょう。

アルギニンを豊富に含む食品

アミノ酸のアルギニンを豊富に含んでいる食品は、アミノ酸が集まって作られているたんぱく質が豊富に存在する食品になります。たんぱく質が豊富な食品は、高野豆腐や納豆、また肉類や魚介類、そして卵などです。アルギニンの1日の摂取目標は、2000mgから4000mg以上とされています。

この量のアルギニンを食品で摂取するには、高野豆腐を100g以上、鶏肉300g以上、海老200g以上が必要となります。これらを毎日摂取するのは、とても大変です。運動量の多い方などは、さらに摂取量目標が高くなります。目標摂取量は、10,000mg以上が望ましいと言われています。

こうなると、さらに食事のみの摂取では難しくなるので、健康食品で補っていきましょう。人を作っているアミノ酸は20種類で、9種類は体内で作れないので食事など摂取が必要です。

これらを、必須アミノ酸と呼んでいます。他の11種類のアミノ酸は体内で生成できるので、非必須アミノ酸と呼ばれています。アミノ酸が組み合わさった物がたんぱく質となり、人間の身体を作っています。アルギニンは幼少期必須アミノ酸で、大人になると非必須アミノ酸になります。

アルギニンの過剰摂取はどう影響するの

サプリメントや健康食品でのアルギニンの摂取は便利ですが、過剰摂取となった場合の副作用には気をつけましょう。アルギニンのみで過剰摂取した場合には、胃や食道に負担をかけてしまう場合があります。

その為、下痢になりやすくなるとされています。アルギニンのみで摂取する場合には、クエン酸や酸味成分などと一緒に摂取しましょう。

最近は、酸でアルギニンを中和した健康食品が多く発売されています。それらの健康食品を摂取する場合は、1日10,000mg以上摂取しても副作用の胃痛や胸やけなどがほとんどないとされています。

健康食品を利用する場合には、自分の体質に合ったアルギニンの種類や飲み方を見つけていきましょう。また、初回に摂る場合は少しずつの量から始めます。

アルギニンを多く含む食品

アルギニン摂取が最適な方たちについて

アミノ酸は単体で働くよりも、いくつかの種類のアミノ酸が集まる事でより効果的に働く栄養素になります。成長ホルモンを生成するアミノ酸には、アルギニンやオルニチン、またグリシンなどが存在しています。

これらのアミノ酸を複数一緒に摂取した場合には、より成長ホルモン生成の効果が高まるとされています。アルギニンの摂取が最適な方は、成長期の子供や外傷のある方、筋肉の弱い方などです。

また、精子の数が少ない男性や運動量が多いアスリートなどにもアルギニンの摂取が好ましいでしょう。

アルギニン摂取を控えた方が良い方とは

アルギニンの過剰摂取による副作用は、現在報告されているなかでは少ないと言われています。しかし、アミノ酸の一種であるアルギニンを豊富に含む食品は、たんぱく質が沢山含有している食品です。

アルギニンの過剰摂取は、摂取カロリーの増加や胃腸・腎臓などに負担をかけます。また、ご自身の体質や生活習慣に合った量や健康食品を摂取する事を心掛けましょう。

幼少期にアルギニンを過剰摂取した方のなかには、巨人症や関節肥大を発症された方もおられます。疱疹がある方や統合失調症の方は、アルギニンを摂る事は避けた方が良いでしょう。

アルギニンの摂りすぎによる副作用を検討しよう

一般的な食生活の方は、アルギニンの摂り過ぎを心配する必要はないと言えます。しかし、健康食品を併用している方の場合は過剰摂取による副作用に気をつけないといけません。

副作用は、毎日5g以上のアルギニンのみを摂っている場合に下痢症状があらわれる方もいます。

また、肝機能や腎機能が低下している方がアルギニンを1日に40gから50g摂ると、生命の危険にさらされる場合もあると言われています。

健康食品で摂取する場合は、パッケージに記載されている用法や用量を守って適量を摂取しましょう。そして、毎日の食事は栄養に配慮した食事を心掛けます。