必須アミノ酸と非必須アミノ酸の特徴をそれぞれ知っておこう

身体内で生作れないのは必須アミノ酸

アミノ酸を豊富に含む牛肉人の身体を作っているたんぱく質のアミノ酸は20種類あり、9種類は身体内で作り出せないため、食事から摂る必要があります。

これらのアミノ酸を、必須アミノ酸といいます。必須アミノ酸には、メチオニンやスレオニンがありさまざまな活動をしてます。また、ロイシンやバリン、そしてフェニルアラニンも活躍しています。

さらに、トリプトファンやリジン、ヒスチジン、そしてイソロイシンも必須アミノ酸として活動中です。食品の必須アミノ酸の含有量を示す値にはアミノ酸スコアがあり、栄養価を示す指標にもなります。

たんぱく質の活動を身体内で活発にする為には、アミノ酸スコアが高い食品を摂取しましょう。必須アミノ酸が全部含まれる食品は、アミノ酸スコアが満点になります。

アミノ酸スコアが100点の食品には、鶏卵、豚肉、牛乳、アジなどがあります。白米は65点で、大豆は86点になります。その為、納豆ごはんなどで白米と大豆を一緒に摂取するとアミノ酸スコアを高める効果や足りない部分を補う効果もあります。

他にアミノ酸スコアを高める効果があるのは、トウモロコシと豆、小麦と豆などの組み合わせです。

身体内で作られる非必須アミノ酸

食事から摂らなくても、他のアミノ酸から身体内で作る事ができるアミノ酸を非必須アミノ酸と呼んでいます。非必須アミノ酸は11種類あり、グリシンやアラニン、セリンなど活躍しています。

またアスパラギン酸やアスパラギン、グルタミン酸もさまざまな活動をしています。さらに、グルタミンやアルギニン、システイン、チロシン、プロリンも非必須アミノ酸として大活躍です。

非必須アミノ酸は、必ずしも食品から摂取する必要はありません。しかし、身体内で重要な働きをしているものが多いです。その為、身体内でも必要に応じて合成されています。

また必要量が多い場合は、もともと存在する体内のたんぱく質を分解して生成されています。その為、たんぱく質の摂取が不足すると、身体内のたんぱく質はどんどん分解されていきます。食事や健康食品で、足りない栄養素をしっかりと摂っていきましょう。