アミノ酸とタンパク質の関係

たんぱく質の働き

タンパク質の代表格 大豆と豆乳人は、炭水化物や脂質、たんぱく質などから作られています。

たんぱく質は、筋肉や皮膚、髪、そして内臓などを作っています。また、爪や骨、そして血管などにもあります。さらに、酵素や抗体、遺伝子、またホルモンにとっても重要な作用を担っています。

アミノ酸は、たんぱく質を構成している最少成分です。たんぱく質の種類や性質は、アミノ酸の結合の順番や長さで決まります。このアミノ酸の順番や長さは、たんぱく質の最小構造とで一次構造と言います。

アミノ酸がどのような順番や長さで結合するかは、遺伝によって決まっています。アミノ酸はアミノ基とカルボキシル基からなる化合物の事で、各々のアミノ酸でアミノ基とカルボキシル基が結合しています。

これをペプチド結合と言い、アミノ酸が2つペプチド結合しているものをジペプチドと呼びます。また、10個以上でペプチド結合している場合はポリペプチドと呼ばれています。

食品のたんぱく質は、身体内でアミノ酸やペプチド結合の状態まで細分化しています。その後腸から吸収され、さまざまな働きをします。アミノ酸で吸収するよりも、

たんぱく質の一部になっていないアミノ酸について

たんぱく質の要素となる20種類のアミノ酸の他にも、身体内に存在するアミノ酸があります。そのうちのシステインは、髪の毛のケラチンに豊富に存在しています。ヒドロキシプロリンやヒドロキシリジンは、ゼラチンやコラーゲンにあるアミノ酸になります。アミノ酸のチロキシンは、ホルモンに含まれています。

アミノ酸のO-ホスホセリンは、牛乳などのタンパク質に存在します。デスモシンは、皮膚の弾力やハリに関わるエラスチンやコラーゲンに含まれるアミノ酸になります。

これらのアミノ酸は、たんぱく質の合成後に生成されているアミノ酸です。しかし、これらのアミノ酸も身体内で重要な働きをしています。健康や美容の為にも、サプリメントや健康食品を利用していきましょう。